越中八尾 やつおローカルかわら版

越中八尾の街で頑張る人、会社、団体を「人と人とのつながり」で紹介していきます

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  やつおローカルかわら版
tag : 
福井智之さんからの紹介で、今回取材したのは、吉本雅己さん。

八尾の伝統建築を守る「八匠」の一つ、紀棟工務店さんへ行ってきました。

=====

「仕事終わって家を引き渡したときに、『あんたのところに頼んでよかったわ』と言われたときはやはりうれしいし、きちっとやってよかったと思う。」と話してくれたのは紀棟工務店の吉本雅己さん。

DSC_0772s.jpg

「じいちゃんが昭和25年頃から大工さんで、会社にしたのは平成5年から。
ずっと家業としてやっているけれど、小さいときは何とも思っていなかったね。」

でもなぜか入った学科は建築科だったそうで…。

「普通科よりも工業系の方がいいかなという理由でね。
家に戻らないといけないなと意識したのは、専門学校を出て、働き出したときから。
5年間は違う会社にいたけど、最初から修行の予定だったね。」

「親父に家を継げとかは一度も言われたことがない。
小さいときは工場が遊び場で、木の上やハンマーで遊んだり、職人さんの車に乗って現場についていったりもしていた。
そういう環境のせいか、自然な流れだったのかもしれない。」

「未だに継いだという考えは持っていない。親父がいるから、まかせておけば大丈夫だろうという甘えがあったりね。
まだまだだと思っている。」

DSC_0767s.jpg


時代の変化で大工さんの仕事のやり方も変わってきている。
例えば木材は大工さんが仕上げるのではなく、ほとんどプレカット加工(パソコンに入力した通りに機械が全て加工)される場合が多い。
墨付けから作業することは少なくなり、電動工具を使い、自分で釘を打つことも少なくなっているとか。コスト面ではそうせざるえないそうだが、やはりさびしさもあるそうだ。

「やはり自分たちの手でやりたい思いはある。
木の反りなどを見て、どこを何に使えばいいか考えたりね。
その方が木を活かせるし、作り手の気持ちがこもった家になると思っている。
20年、30年後に家の直しを頼まれたときでも感慨深いよね。」

DSC_0776s.jpg

「今後の目標は『紀棟工務店の家』を提案すること。
他に負けない、紀棟工務店の家は他と違うねと言われるようなね。
あとはコスト面で難しいところもあるけれど、全てうちの工場でやりたいと思っている。」

DSC_0785s.jpg


仕事へのこだわりは、応接室にかかる社訓にあらわれている。

「気づいたときからあった『誠意と創意』がうちの社訓。
誠心誠意、お客さんが喜んでくれる仕事するに尽きると思っている。
そのためにどんなことができるか考えながらね。
お客さんの『いいがになった』を聞くために仕事しとるようなものだから。
今のところ紹介や評判で仕事がまわっているけれど、アフターメンテナンスにも行きたいと考えている。」

DSC_0788s.jpg


吉本さんは、八尾山田商工会青年部の副部長も務めている。

「他からいろんな人がたくさん来てくれるようなイベントを企画している。
盛り上がっていけば、その中から八尾に住みたいなと思ってくれる人も出てきてくれるかもしれないし、そのときに八尾の大工さんで選ばれる存在になっていかなればいけないね。」

DSC_0793s.jpg


淡々と語る吉本さんからは、職人の出番が少なくなっている今の家づくりへの寂しさと、それでも職人としてきちんとした仕事をしていく決意が感じられた。
家を建てるときは、職人がいる工務店の話も聞いてから考えたい。


DSC_0796s.jpg
↑吉本雅己さんの「ありがとう」
北陸三県ありがとうプロジェクト
http://oyabelocalmail.blog27.fc2.com/


DSC_0792s.jpg
↑お手製のベンチ


DSC_0782s.jpg
↑看板猫


=====

有限会社 紀棟工務店
〒939-2306 富山県富山市八尾町上井田4678
TEL:076-455-2176
FAX:076-455-2265
http://www.kitoukoumuten.jp/

=====

■第8号のPDF版はこちらからダウンロードできます。
https://dl.dropbox.com/s/htj630umlp9ynh4/y_08.pdf


■越中八尾 やつおローカルかわら版
https://www.facebook.com/YatsuoKawaraban
スポンサーサイト

テーマ:富山県 - ジャンル:地域情報

Category :  やつおローカルかわら版
tag : 
今回は、前号からのリレー形式ではなく、「14歳の挑戦」スベシャルです。

大谷中学校2年生の2人と一緒に、八尾町大長谷の上野起与人(きよと)さんの農場へ行ってきました。

様々な職業を経験されてから、農家になった上野さん。
昔から受け継がれている固定種、在来種にこだわった農業をされている理由とは?

=====

車がすれ違うのもやっとの山道を通って八尾町大長谷へ。
畑と水田に囲まれた古くからある民家、その前で夢響村塾(むこうそんじゅく)とやまの上野起与人さんが待っていてくれた。

DSC_0656s.jpg

畑の見学からスタートして、ズッキーニ、バジル、大豆、さつまいも、じゃがいも、かぼちゃ、きゅうりなどたくさんの野菜を見せてもらった。

DSC_0660s.jpg
DSC_0663s.jpg
DSC_0666s.jpg
DSC_0659s.jpg
DSC_0670s.jpg
DSC_0641s.jpg

取材時にちょうど時期だったズッキーニの収穫を体験。
ずしっと重く、実が詰まっていた。

DSC_0642s.jpg


上野さんにどうして八尾の山奥で農業なのか、始められたきっかけから聞いてみた。

「農業を始めたのは実は3年前から。
それまではいろいろな仕事をしてきたが、どれも中途半端になってしまっていた。
楽しくなかったというか、わくわくしないことをお金を稼ぐためにしていた。
そんなときにある講演会に行って、二つのきっかけがあって農業をやろうと思った。

DSC_0692s.jpg

1つ目は、農家されている人たちの年齢。
なんと平均年齢は65歳。
ただでさえ食料自給率が低い日本の農業、10年後にはなくなってしまうと思った。

2つ目は、種の問題。
今流通している種のほとんどがF1種という種。
これは、形が均一に手頃な大きさになるよう遺伝子を操作されている。
ただし、1代しかその効果は保たない。

本来、2代目以降の種には、先代が育った土地や気候に合った遺伝子情報、生きていくための力が受け継がれていくもの。
それなのに、人間が操作したF1種ではその力はない。
だから、それを食べている人間の力も弱っているのではないかとも言われている。
それなら昔からある在来種を育てよう、自分の畑で代々種をとっていこう、誰かがやってくれるのを待っているのではなく、自分がやろうと心を決めた。」

DSC_0693s.jpg

決意を持って農業の世界に入られた上野さん。見学した畑で育っていた野菜はほとんどが日本やヨーロッパに昔からある品種だそうだ。

「里山、綺麗な水、動物たちがいるところでやりたいと思っていたら、この八尾の畑はどうかと声をかけられた。
いろいろな人とのつながりのおかげだね。
富山を良くしたいと思っている仲間の活動を応援し続けてきた。その結果、自分も応援してもらえ、この地で農業ができるようになった。大事なのは応援し続けているかどうか。」


いろいろな人とのご縁で誕生した畑。この畑の中で一番育てがいのある野菜はなんなのだろうか?

「トマトかな。一番力を入れていて、今は8種類育てている。
全部昔から受け継がれてきた種を使って自然栽培で育てている。

自然栽培は、映画にもなった奇跡のリンゴの木村さんから直接教わった、除草剤、農薬、化学肥料を使わず、土の中にいる微生物を増やして地力を高める方法。
だから生命力に溢れている。形は不揃いになってしまうけれど。
不揃いでも自然栽培で育った野菜が普通のスーパーで買える未来にしていきたいね。」


野菜や果物を作って学んだことは?

「命の大切さ。それと昔のお百姓さんたちが育てて次の世代に残し続けてくれた種を、次の代に残さないといけないという責任だね。
嫌だなとか大変だなと思うこともあるけれど、そこであきらめられない、あきらめてはいけない仕事だと思っている。」


使命感や情熱が見学時にも取材時にもバシバシ伝わってくる、まさに〝本気の百姓〟


DSC_0729s.jpg

最後に見せてもらったリンゴの苗木には無農薬無肥料の奇跡のリンゴが実をつける。
5年後が今から楽しみだ。
そして将来、仕事を選択するときに自分がわくわくしているかどうか、縁ある人を応援しているどうか、この取材を思い返したい。
そしてもちろん、野菜を選ぶときにも。

DSC_0734s.jpg
↑上野起与人さんの「ありがとう」
北陸三県ありがとうプロジェクト
http://oyabelocalmail.blog27.fc2.com/

=====

夢響村塾(むこうそんじゅく)とやま
〒939-2437 富山県富山市八尾町水無136
https://www.facebook.com/mukousonjyukutoyama

=====

■第7号のPDF版はこちらからダウンロードできます。
https://dl.dropbox.com/s/8bzz41420lgy3vl/y_07.pdf


■越中八尾 やつおローカルかわら版
https://www.facebook.com/YatsuoKawaraban

テーマ:富山県 - ジャンル:地域情報

Category :  やつおローカルかわら版
tag : 
 「昔から車とかバイクが本当に好きだった」と語る福井智之さん。
お父さんが35年前に開業された〝ふくい自動車工業〟で働いている。

DSC_1487s.jpg

「短大を出てから、富山日産で8年働いた後、こっちで働くことにした。
整備と営業を経験してひと通りのことはできるようになったかなと思ってね。
親に言われたからとか前から約束していたとかはなかったね。
でも、小さいときからこの店を引き継いでいくと思っていた。」

小さいときから好きな車やバイクが身近にあって、
それに関わる仕事を選んだのは福井さんにとって自然なことだったのかも
しれない。

DSC_1499s.jpg


「仕事でこだわっているのは、スピードよりも丁寧さだね。
早いに越したことはないけれど、小さな仕事にも手を抜かない丁寧さ。
うちで車検したからには次回までノントラブルで乗って欲しいしね。」

「何か聞かれたら全てに答えられるようにしておきたいという気持ちがある。
だから、なんでもチャレンジしている。

29歳のときに持っている人が少ない自動車検査員の資格をとった。
板金もできるようになった。
最近流行ってるLEDにも挑戦したら取り付けることができるようになった。
いろいろな講習にも積極的に参加しているよ。」

最近売れ筋の車はハイブリッド車や電気自動車がほとんどを占める。
その普及が仕事の進め方に大きな変化をもたらしているらしい。

「昔はエンジンおろして作業したいと思っていたけれど、
今の車、修理のほとんどは電気関係になっている。
車にコンピュータをつないで、数字を見て、
どこが悪いのか判断する時代になっている。

新しいものについて勉強していかないとついていけなくなってしまう。
センサーの交換とか多いね。
勉強しながらやっているうちに電気はかなり得意になってきたよ。」

DSC_1504s.jpg


勉強は苦じゃないのだろうか?

「車のことに関しては全然苦じゃないね。
新しいものが好きだっていうのもあるけど。」


DSC_1521s.jpg

古い車も好きだという福井さんに、
工場の裏で年代物のフェアレディZを見せてもらった。

「23、24歳ぐらいのときにほしくて買ったS30。
だけど、走れるようにする時間とお金の余裕がなくてね。
今完成しているのはエンジンだけだけど、いつか完璧に復活させたい。

あと、夢のまた夢かもしれないけれど、所さんの世田谷ベースみたいな、
自分の車とバイクに囲まれた場所がほしいね。」

DSC_1525s.jpg


八尾に関しても語ってくれた。

「今期から八尾山田商工会青年部の部長でもあるし、
八尾と山田が盛り上がっていけばと思っている。
そうすれば自分たちの仕事も盛り上がっていくしね。

そのためにはまず個人個人が盛り上がっていないといけない、
仕事でも遊びでもね。

今のところジャズライブとトレイルマラソン(山の中を走る)
を企画しているから、町内の人も町外の人もたくさん来て、
八尾を知ってほしいな。」

DSC_1514s.jpg

仕事でもプライベートでも盛り上がっている人が増えれば、
自然と街が盛り上がってくる。

車を語る福井さんはそういう大人そのもののように感じた。
福井さんのような人が八尾にたくさんいるかもしれないと思うと、
これから話を聞きにいくのが楽しみだ。

DSC_1517.jpg
↑福井智之さんの「ありがとう」

=====

有限会社ふくい自動車工業
〒939-2306 富山県富山市八尾町井田526-2
TEL:076-455-1384
FAX:076-455-1395
営業時間:8:30~17:30
定休日:日曜日、祝日、第2・4土曜日


やつおローカルかわら版第6号(紙版)のPDFはこちらから


■越中八尾 やつおローカルかわら版
https://www.facebook.com/YatsuoKawaraban
Category :  やつおローカルかわら版
tag : 
滝谷満也さんから紹介されたのは、
200年以上の歴史を持つ酒蔵の13代目さん。

滝谷さんの取材中にお酒の話で盛り上がってしまったからでしょうか?

=====

富山市内で一番歴史のある酒蔵、玉旭酒造さん。
今回取材したのは、13代目の玉生貴嗣さんだ。

DSC_0766s.jpg

「若いときは全く異業種の仕事をしていたが、
祖父が急に亡くなって家に入ることになった。

そのままでは知識が全く無いので3年間修行に行った。
広島にある国税庁醸造研究所という施設。
そこには全国から酒類関係者が集まっていたんだよ。」

国税庁醸造研究所では、冬に日本酒造り、
他の時期は酒粕や日本酒の効能などを研究していたそうだ。
そして、戻ってきたときに、どうしても挑戦したいことがあった。

「酒造りに必要なのは、米と水、そして酵母。
富山のほとんどの酒蔵は十四号酵母を使っている。

それでは、同じ酵母を使えば、
全国どこで造っても個性が出ないのではないか?
富山県らしいと言えないのではないか?という思いがあった。

酵母の研究をしていたので、花粉から酵母を発見できるのは知っていた。
それを活かして、富山県らしい本当の地酒造りに挑戦したいという
気持ちが強くなっていった。

DSC_0769s.jpg

DSC_0770s.jpg

そこで、富山県と言えば立山、立山といえば高山植物だろうということで、
高山植物の研究を始めた。」

「戻ってきてから三年間、酵母の研究と
昔からいる杜氏(とうじ)の説得の毎日だった。
戻ってきたばかりで酒造りを基礎から教わっている時期だったし、
どうなるかわからない菌を蔵内に入れたくなかったんだろうね。

挑戦したい思いを伝え続けて、
高山植物144種を研究して、
発見した酵母を使ったお酒【月の蜜】を作ることができた。」

DSC_0778s.jpg


富山県らしい「本当の地酒造り」への思いを更に強くする出来事もあった。

「コンクールで入賞するような大吟醸酒を作るには、
兵庫県産の山田錦を使うのが業界の常識。
うちもずっと兵庫県産を使ってきた。」

「何年か前の、おわらの時期に観光客の方がお酒を買いに来られた。
いつも通り、兵庫県産の山田錦について説明した。

そのときにお客さんの表情が曇った。

その方は兵庫から来られていたんだよね。
そのときに、八尾まで地酒を買いに来られたお客さんは、
富山ならではのものを求めているのだと痛感した。
コンクールで金賞を取るための酒造りでなく、
富山の文化や人、魅力をかもす酒造りをしたい、
本当の富山の地酒作りがしたい、と決めた瞬間だったね。

そこから、社長に全商品に富山県産の米を使うように訴えて、
切り替えた。生産量を確保してもらうために農家にも足を運んだ。」

「更に、長年、冬の時期に能登から来てもらっていた杜氏二人にも話をして、
自分ともう一人、富山に住んでいる杜氏だけでお酒を造る体制にした。

これで使っている酵母も原料も、造り手も
全て富山にこだわったものになった。
どこに持っていっても富山のお酒だと言ってもらえる自信があるよ。」

DSC_0789s.jpg

DSC_0783s.jpg


なぜ、伝統ある業界・会社の中で、新しいことができたのだろうか。

「ぜんぶプラスに考えてしまう、
成功してガッツポーズをしている瞬間しかイメージして動いていないからかな。」

DSC_0796s.jpg


今後の夢についてもお聞きした。

「今、台湾とロサンゼルスに少しだけだが、出荷している。
でも、こちらから営業してのもの。

いつか、この酒をつくっている酒蔵を見たいから、海外から人が来てくれる、
この酒を作っている町はどんなだろうと八尾に足を運んでくれるようにしていきたい。

そのためには、こちらから発信しなくても、
向こうから検索して見つけてくれるようにしたい。

それまで、酒造りを磨き続けることを目指しているよ。」

 
富山にこだわる十三代目は、もうその夢を達成して
ガッツポーズをしている姿をイメージしているのかもしれない。

DSC_0808s.jpg
↑玉生貴嗣さんの「ありがとう」

=====

玉旭酒造有限会社
〒939-2354 富山県富山市八尾町東町2111
TEL:076-455-1331
FAX:076-454-1333
http://www.tamaasahi.jp/
営業時間:8:00~20:00


やつおローカルかわら版第5号(紙版)のPDFはこちらから


■越中八尾 やつおローカルかわら版
https://www.facebook.com/YatsuoKawaraban
Category :  やつおローカルかわら版
tag : 
「利益は薄いかもしれないけれど、人に喜んでもらう仕事をする。
 父のずっと守ってきた思いでもあるし、最後はそこになる。」

と語ってくれたのは滝本工務店の滝本満也さん。

DSC_0921s.jpg


 会社は、滝本さんのお父さんが18歳のときに大工として独立し、始めた。
滝本さん自身は他へ修行にもいき、26歳のときに会社に入った。

「大工として働く父の姿をずっと見てきたので、
 いずれ自分も後を継いでそうなるのかなと思っていた。
 5人兄弟の長男でもあったから。今は弟1人が一緒に働いてくれている。」

DSC_0926s.jpg


「入ってまず驚いたのが大工さんたちの年齢層がほとんど50代後半、
 60代であったこと。
 それでは、この先10年、20年はもたないなと思った。

 そこで、父の方針、会社としての方針を話し続けた。
 納得できない方は自発的に去っていかれたので、
 共感してくれた若い世代と入れ替わっていった。」

「とは言っても、
 最初の頃は自分もわかっていない部分があって、
 会社に入って6年ぐらいは父とのケンカも多かったけどね。

 八尾の中でいろいろな役を経験させてもらって、
 勉強もさせてもらって、言うべきことと言わなくてもいいことを
 自分の中で判断するようになったときから、
 ぶつかることは少なくなったね。」

DSC_0927s.jpg


 建築業界だけでなく、
先代や親との衝突で後を継げない人も少なくない中、
お父さんと一緒に仕事を続けられる環境を時間をかけて
作り上げてきた滝本さん。

うまくいっているのは、
二人の中に共通した思いがあったからかもしれない。


「間隔は長いかもしれないけれど、
 家造りもリピートビジネスだと捉えている。

 家を建ててから10年、15年経って、子どもも大きくなって、
 改築しようとなったときに選んでもらえるかどうか。
 それはやはり最初にどれだけ喜んでもらえる仕事が
 できたかどうかにかかっていると思う。」

「ありがたいことに、営業らしいことはしていないのに
 お客さんの口コミやつながりで紹介されて、
 仕事が入ってきている。
 これからもそうなるようにしていきたいね。」


DSC_0923s.jpg

 滝本工務店は、八尾の伝統建築技法を守り、
街なかの景観保護の事業を請け負う「八匠(はっしょう)」
10社の内の1社でもある。

「街なかで伝統様式の家に直すとおもて部分に助成金が出る
 仕組みがあるが、思ったほど利用してもらえていないのが現状。

 やはり車の置き場所が離れてしまう、
 お金がかかってしまうところだと若い人が住むには
 難しいのかもしれない。

 若い世代は出ていき、その代わりに企業が入ってくる。
 おわらがあるから、高い値段で空家を買っていく。
 本当は空家には若い世代に住んで欲しいけれど、
 お金ばかりはどうしようもない。」


「この問題に対しては、
 自分ができることをやっていくしかないと思っている。

 魅力ある家造りを八尾で続けていく。
 戻ってくる人のためにも、新しく来る人のためにもね。

 そして、その子どもに魅力ある町になっていければ、
 将来も住み続けよう、戻ってこようと思える町に
 なっていると思うよ。」


DSC_0946s.jpg
↑滝本工務店が手がけた町屋


DSC_0940s.jpg
↑元会社があった場所も八尾の伝統的な建築方法で作られている
(ちょうど小学生の下校時間にぶつかった。将来も住み続けてくれるかな?)


 人がいないと商売をしようとする人がいない、
商売が盛り上がっていないと人が来ない、とも言っておられた。
どちらが先とも言えない問題の中、人が喜ぶ商売、仕事をし続ける滝本さん。

そんな大人がたくさんいる町なら、自然と町が盛り上がっていくに違いない。

DSC_0930s.jpg

DSC_0932s.jpg
↑滝本さんの「ありがとう」


有限会社 滝本工務店
〒939-2306 富山県富山市八尾町井田346-5
TEL:076-455-1173
FAX:076-454-2170
http://takimoto328.jp/

第4号のPDF版はこちらから


■越中八尾 やつおローカルかわら版
https://www.facebook.com/YatsuoKawaraban
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。